トリコから改名後、全国初の「TAO」ポップアップを伊勢丹新宿店で開催

今年2月にブランド名を「トリコ コム デ ギャルソン(tricot COMME des GARÇONS)」から変更した「タオ(tao)」が、タオとして全国初のポップアップイベントを伊勢丹新宿店の本館3階センターパーク/プロモーションで開催する。

期間は3月16日から22日まで。

ポップアップでは「My White」をテーマに、デザイナーの栗原たおが自分らしさを様々な白で表現した作品をラインナップ。

先行販売となる長く垂れ下がったフリルテープで装飾を施した半袖ワンピース(7万1500円)と、肩ストラップ部分のブレード刺繍がポイントのAラインのジャンパースカート(7万9200円)は、洗いがかかった綿ワッシャーを採用。

また、ギャザーやフリル、チュールを用いたワンピース(4万4000円)やブラウス(6万6000円)、スカート(8万2500円)などのブラックアイテムも揃う。

■<tao/タオ>POP UP SHOP
期間:3月16日(水)~ 3月22日(火)
会場:伊勢丹新宿店 本館3階 センターパーク/プロモーション

新着記事をインスタグラムとツイッターでお知らせしていますので、もし可能でしたらフォローお願いします。

11,952フォロワーフォロー
1,600フォロワーフォロー

最後までご覧いただきありがとうございます。