川久保玲が選ぶ「TRADING MUSEUM」インポートブランドの魅力

TRADING MUSEUM (トレーディングミュージアム)とは?〈以下 TM〉

過去の価値あるもの
今のもので 且つ他に無いもの
洋服に限らずアートや美しいもの
それらをTRADEする場

それぞれが個性を持つコムデギャルソンのお店の中でも、コンセプトショップとして特別な存在感を放ち、その空間には、「感じる」という当たり前ながらも、現代のお店から離れつつある感覚が養われます。

インポートブランドはコムデギャルソンブランドと、その双方を引き立たせる為の大事な要素として位置付けられ、TMでしか見ることの出来ないブランドや、特別なアイテムが並びます。

川久保玲がTMのために選ぶインポートは

・ タイムレスであること

ーー 例え、手にしたときから時間が経っても、色褪せて見えることのないブランドを指すのだと思います。

TMを作り上げる4つのインポートブランド

egg|エッグ

Maureen Doherty (モーリーン=ドハーディー) が1994年にロンドンの住宅街にオープンしたセレクトショップ。

洋服以外にも器やオブジェなどを扱い、彼女の類稀なセンスによる店作りは、世界中で模倣されるほどのカリスマ的な存在になりました。

NO FASHIONをテーマに、シンプルでユーモアある服が丁寧な手仕事によって作られています。

川久保玲も egg を幾度となく訪れ、2009年TMオープンの際に、初めて egg東京店 としてTM内にスペースが設けられました。

今期は、ファンも多いボイルドウールを使ったシリーズが満を持して展開されています。

Chistopher Nemeth|クリストファー ネメス

1980年代後半に数年間だけ運営された伝説の店「The House of Beauty and Culture」のメンバーとして Judy Blame (ジュディ=ブレイム) 、John Moore (ジョン=ムーア) らと共に活躍。

ネメスの生み出す立体的で唯一無二のシルエットは、コアなファッション層を中心に大ブームとなります。

デザイナーである Kim Jones (キム=ジョーンズ) も、その影響を受けた一人であり、2015年秋冬のルイヴィトンのコレクションでは、クリストファーネメスへのオマージュのコラボレーションが話題となりました。

彼のシンボリックな縄柄のコートや、立体裁断のアイテムが店頭には並んでいます。

Judy Blame|ジュディ ブレイム

Chistopher Nemeth や John Moore らと活躍したジュエリーデザイナー兼スタイリスト。

80年台の「i-D」のイメージは彼によって作られ、Boy George (ボーイ=ジョージ) らも彼のアクセサリーを愛用しました。

John Galliano (ジョン=ガリアーノ) や Dior (ディオール) 、そして川久保玲といった、名だたる世界中のトップデザイナーがジュディブレイムの創造性、独自性に惹かれ、コラボレーションを行ってきました。

TMでは、彼のシンボルでもあるセーフティピンをモチーフにしたニットや、リングなどが登場しています。

A Child of the Jago|ア チャイルド オブ ザ ジャゴー

Vivienne Westwood (ヴィヴィアン=ウエストウッド) と Malcom Maclaren (マルコム=マクラーレン) を両親に持つ、ロンドンパンクの申し子 Joe Corre (ジョセフ=コー) がデザイナーを務めるブランド。

古き良きイギリスをデザインソースに、時代を超越したテーラードジャケットを得意とします。

今期は、英国生地で仕立てられたTM限定のタータンチェックのカプセルコレクションを発表しました。

栄枯盛衰の激しいファッション業界において、コムデギャルソンはなぜ人の心に残り続けるのか。

まるで美術館のように感覚を使い、刺激を得る。

その答えの多くは、トレーディングミュージアムに隠されてると信じます。

トレーディングミュージアム ジャイル 東京都渋谷区神宮前5-10-1 2F (11:00-20:00) 03-3486-8590
地図アプリで見る

トレーディングミュージアム ミッドタウン 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウンガレリア1F (11:00-20:00) 03-6804-6607
地図アプリで見る

新着記事をインスタグラムとツイッターでお知らせしていますので、もし可能でしたらフォローお願いします。

11,952フォロワーフォロー
1,600フォロワーフォロー

最後までご覧いただきありがとうございます。